バイト先の飲み会は時々に。

バイト先での飲み会のマナーなどは、社員の人と一緒の場合は、注文などは慣れた社員のひとがやってくれるので、バイトは雑用的なところで出番を待っていた方が好感が持たれると思います。
飲み物が運ばれてきたら配るとか、食べ物がきたら「取りましょうか」と声をかけて、取り分けるとか、乾杯のグラスは他の人よりも少し下にするなどのポイントがあります。
周りの人のグラスに気を配って、グラスの3分の2くらいになったところで、次の飲み物の心配をするなど、みんなが楽しむことが一番なので、あまり気を使い過ぎず自然な感じを心がけて、自身は泥酔しないように気をつけましょう。
会計の時に、ちょっと気が利くと思ってもらえる方法は、小銭を「スッ」と出すことです。飲み会に参加したくないときは、「バイトだから・・・」ということもありますが、3回~4回に1回は参加するようにした方が好印象です。それが人付き合いの努力というものです。それに、飲み会に参加すればメリットもあります。苦手な人の良い点が見つかったり、好きな人とは更に仲良しになれたり、そういうお酒の席での上手な行動を学んで将来に活かすことができたり、職場の話題に仲間はずれにならないで済んだり、色々な良い点もあります。また、人間観察もできます。それから、最初から最後まで付き合わなくても、時間を決めて約束をする方法もあります。「○時までしか居られないのですが」と言っておくと、印象を悪くすることもありませんので、上手に飲み会の場には顔を出しましょう。